AOKABI

細々と二次創作らくがきを載せているブログです。初めてお越しになった方は、「はじめに」をご一読下さい。

はじめに login

|| --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|| 2016.03.26

ふと思い立ってシルグイを読破しました。
基本グロいのは苦手ですが漫画なら大概大丈夫と思いまして、それでも食事前後に読むのは避けたくなりますね…。
しかし滅茶苦茶面白かったです。
服が透けて相手の美しい肉体、さらに筋肉、骨、内臓まで透けて見えるんですね。
「必ずしも現実に目に見えるものを描いてるわけじゃない」描写がどストライクです。盲目の伊良子が見てる世界の描き方とか。
桜のシーンで権左好きにならないわけがなかった…。
牛股権左

初めてKindleで本を買いましたが便利でいいですね~。
未だになるべく紙媒体で欲しいと思っていたのですが、家に本格的に置き場がなくなってしまったのと、シグルイの表紙が下手にエロ本を買うよりもアレな感じがするので使ってみました。
人に貸せないのが難点なのと、続きを読みたくてついポチポチ買ってしまう危険がありますが…!


以下ラストのネタバレ。
スポンサーサイト

|| 2015.08.18

最近原作全部読み終わった、北斗の拳について。
有名な作品ですし色々な所でネタになっているので大まかなストーリーは把握してましたが、ずっと原作読んだ事ないのが申し訳ない気がしてずっと読みたかったです。ようやく読めてよかった~。
同じようなタイミングでマッドマックス見に行ってたのはたぶん関係ないです。

で、ラオウとの決着後、全く聞いた事の無い話が始まって「!?」となりました。
読み終わってから調べてみたら、どうやらこの修羅の国編以降の話はあまり人気が無いのね…。
序盤からしてすでに後付設定につぐ後付設定だったとはいえ、それ以降もずっと続くものだから確かにキツかったです…。設定が何が何だかよくわからなくなって、ほぼ考えるのをやめながら読んでました。
ラオウはDTだと信じてたのに…。
でも、最後の方の三兄弟の話は結構好き。

レイ
レイが好きです。ドヤ顔で格好つけてる割に結構最初の方からマミヤ好き好きオーラ全開で可愛い。
目の下の線は、クマじゃなくて涙袋だよね?

ユダ様
あとユダ様。
公式非公式問わず散々ホモネタで弄られてるからどんだけアレな人なんだろうと思っていたら、存外まともな人だったので驚きました。いやまともでは無いんでしょうけども。


これで心置きなくネットに散見される北斗ネタを楽しむ事ができそうです。
イチゴ味も楽しみだ~。

|| 2015.03.03

真矢
「蒼穹のファフナー」よりゴ……真矢かわいいよ真矢!
FF10のリュックの声優さんなんですよね、甘ったるい声が癖になります。

ファフナーは1月にニコ生一挙放送で見ました、凄く面白かったです。
リアルタイム放送当時は私も、SEEDの直後にまた平井絵…しかもホッペに謎の線…エロスーツ…強烈なホモ臭……と食わず嫌いしていたのですが…。あまり偏見持たずもっと早く見ておけば良かった~。
絶望的な状況の中でも希望と答えを見つける、アツいアニメでした。もっと多くの方に見ていただきたいです。

こういうアニメでは珍しく? ちゃんと大人が大人しているのが良いです。
子供達みんな可愛くて一生懸命なので、応援したくなります。どのキャラも皆大好きになりました。

さっくりキャラを退場させてしまうのも、ただ衝撃的だったりお涙頂戴というわけではなく、
それが後々まで他のキャラクターやストーリーに影響してくるのが良いです。
<ネタバレ反転>
実際翔子の自爆を賞賛してしまったら、あの年頃の子供達ならみんな真似しようとしてもおかしくないですよね…。
最終的に死んでしまった衛にしても道生にしても、生きるために戦っていたのが良かったです。
(だからこそ死んでしまって悲しいわけですが…。雑巾絞りとナイスキャッチの絶望感ヤバイ)

</ネタバレ反転>
前半が面白くないと聞いてましたが、覚悟して見てみたらそんなこともなかったかなと…。後半のカタルシスとも良い対比になっていると思います。

一番好きなエピソードは17話です。総司のお部屋紹介で笑ってからの、ラストの説得シーン。
不器用ながら、「話そう!」というのがその一話全体のテーマになってるんですよね。
「メロディが、少しずつ生まれ変わる…」というセリフで、カノンがどういう立ち位置のキャラなのかが表れてて凄く良いです。

RoL、劇場版も見て、早くEXODUSも見たいです。
しかしもう登場人物全員に死亡フラグ立ってるようなものなので、まさに戦々恐々…。ネタバレ踏みたくねえ…。
あと千鶴さんは早く結婚して!(真壁司令と!)

|| 2015.02.08

突然ですが、2014年は蟲師にハマりました。
続章の円盤集めてます~。エンディングの曲が毎回違うのが凝ってて好きです。
(お陰でジョジョの円盤が買えてないんですが…。ああ、四部アニメ化しなかったらどうしよう;;)
一期はレンタルで見て、復刻版のサントラも買いました。一期の円盤も欲しいなあ。

どの回もハズレ無しで面白くて、一話ごとに語れるほど好きなんですが、
特に好きな回を挙げるとすれば続章の「香る闇」です。
ループものという情報だけは入っていたのですが、まさかあんな結末になるとは…。
<ネタバレ反転>
ただループしているだけじゃなくて、少しずつ蟲に取り込まれていっているんですよね…。ギンコが「花のような匂いで獲物をおびき寄せる」みたいな事を言ってたので、つまり捕食されてるんですよね……。
ラスト、郁に出会ったカオルの表情が強烈で忘れられません。
もうすっかりゲームのNPCみたいな状態になっているのかもしれませんが、あの表情…。
偕老に入るときのセリフも今までモノローグだったのが、最後郁(と自分?)に言い聞かせる形になっていたのもたまりません。
作中でカオルが「幸せな悪夢」と表現していましたが、まさにそんな感じの美しい話でした。平たく言えばメリーバッドエンドですが、人は美しくて残酷なものに感動するんだなあ、と改めて思ったのでした。

</ネタバレ反転>
コメンタリー見たら、監督遅刻で喋ってる内容までループしてて笑いました。


拡大して見ること前提で描いたけど、あんましアップに耐えうる絵が描けない。


3月にある朗読舞台にも行くことが決まっててソチラもとても楽しみです~。
これまた大好きな回「花惑い」です。
悲しい中にも救いがある話が多いのでそういう所が好きなんだけど、どうしようもなく救われない話があるのもまた味わい深いです。

|| 2014.09.05

ひこうき曇
珍しく映画感想です。
「風立ちぬ」、創作原稿中に見てドひきずりしてしまいました。
劇場は見送ってしまったのですが、クリエイター界隈で評判だったのでレンタル開始後即借りに行きました。
すごかった…。想像以上に衝撃を受けました。
とうとう初めてジブリ円盤ポチりましたよ。
(ON YOUR MARKも出てたら絶対買ったんですが、某問題でお蔵入りなのが残念すぎる;;)

以下キモチワルイ語り、長い&最後ネタバレなので追記にて。

映画を見てみてもよくわからなかった、という方には、岡田斗司夫さんの批評をオススメしておきます。
とてもわかりやすく解説されていますので是非。
私も一週目は「言葉ではなく心で理解できた!」状態。批評を聞いてようやく言葉で理解できた感じです。
(その割に語りが日本語でおkなのはご愛嬌ということで…)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。