AOKABI

細々と二次創作らくがきを載せているブログです。初めてお越しになった方は、「はじめに」をご一読下さい。

はじめに login

|| --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|| 2014.11.26

世はポケモンORAS発売で沸いてますがこのTの字!
……まだ封を開けておりません。原稿に集中すべく封印しております。
どこかで開封してちょこちょこ進めたいところですが、一度封印をといたら没頭してしまいそうで怖いです。

そんな状態ですが、先日幕末Rockゲームの方、超魂含めたメインストーリーをクリアしました。
サイドストーリーは井伊の話だけ、それ以外のお話やスキットは妹にちょいちょい見せてもらったり。

そして新たなるキャンプ地を求め、超魂のミニアルバムとゲームのファンブック、そしてアニメのファンブックを購入しました。
(シングルとBDは買い始めたら戻れなくなるので禁域…!! でもいつか手を出しそうで怖いので公式さん早くコンプリートベストアルバム的なの出して下さい)

ヨッシー
一通り巡って、やはりアニメ幕末Rock難民はアニメ幕末Rockでしか救われない気がしました。
ゲームでいつでもキャラに会えてCDで曲も聴けて、ファンブックで美しい絵を堪能することもできるけれど、難民化の要因はアニメで毎週もたらされていたカオスの中毒性によるもの、よってアニメでしか救われないのである…。

以下だらっと長くなるので追記に。(写真も)
ゲームの話はアニメで疑問だった部分がわかったりしてまあまあ面白かったんですが、妙にシリアスだったのとテキストがどうも微妙と言うか…冗長な部分が気になってしまいました~。(その分割と超魂の方では割とコンパクトに・展開も弾けてた印象ですが、前作既プレイの方が満足できたのかどうか疑問。)
冗長に感じたのは私がアドベンチャーやりなれてないせいかなあ?
音ゲー部分は、音ゲー初心者がノーマルで楽しく遊べたり苦戦したりしているレベルなので、ちょうどいい難易度なんじゃないかと思います。

ビジュアルファンブックは主に藤坂さんのキャラデザを見るために買いました。画集ではないのでさすがに一つ一つの絵は小さめでしたが、ボリュームはたっぷりでおおむね満足です。それ以外の公式絵もたくさん載ってました。
それと主要人物呼称リストが面白かったです。
ジュニアは最終的に皆の名前をカタカナで呼んでくれるようになるんですが、ヒジゾーさんだけ「サムラーイ」のままだったのがツボに入りました。なぜゲームで言ってくれなかったのか。
アニメ二期があれば言って欲しいですアメリカ発音で。サムラーイ! クール!

アニメファンブックの方は、「アニメ本編並みに笑える」という情報を聞いて買いました。
情報は大当たりでした。インタビューや本編振り返りコメントでもうおなか痛いです。そして設定画のヒジゾーさんとソウちんのパージ姿ががなぜか全裸で更に笑える。
アニメファンはマストバイですよこれは!

本編のギャグ要素はどこまで狙ってるのかと思いましたが、コメントやインタビューを見るかぎり、大半は監督のズレっぶりと製作の都合による奇跡の産物のような気がします。「笑いについての課題が残る作品となりました」って言ってましたが……いや、もう十分だよ!!
やはりナンセンスギャグは天然から生み出されるものなのか…。

そして、カオスなアニメなのにキャラ描写しっかりしているのがアニメ幕末Rockの魅力でもあると思っていましたが、そのあたりも監督の采配のようです。
龍馬がただの馬鹿じゃないということはOPから意図的に示されていたんですね。
笑えるだけじゃなくて、こだわりや試行錯誤のようなものも感じられて良かったです。

本当に、ただただアニメ二期をやって欲しいと思うばかりです。影薄かったヒジゾーさんや、話数が足りなくて入れられなかった日常的なシーンなど、見てみたいシーンがいっぱい。
アンケートハガキに要望みっちり詰めて送ろうと思います。

超魂ミニアルバム
ミニアルバムと、妹がメイトで買ってきた公式謎絵ラスク(何故かキャラ全員水着スタイルの絵…)
ナンジャ以外の公式グッズはちょっと微妙なのが多い。
曲はどれも良いので、今後はアニメやゲームだけじゃなく、バーチュアルロックバンドとして展開していってもいいのよ、とも思います。

後は友人とナンジャに行って来た時の写真です。(モノミと承太郎混ざってますが)
やっぱりヒジゾーさんの名言は外せないよな~!
ヒジゾーさんフンドッシーとモノミ
タンブラーと見切れ承太郎
タンブラーはクレーンゲーム得意な友人がとってくれました。感謝。
ナンジャに付き合ってくれた別の友人も後日一挙放送を見て楽しんでくれたようで満々足。

後は本当アニメ二期とか…今後の展開がうまく行ってくれれば良いのですが~。
今までものすごいスピードでメディアミックス展開した分、今後はものすごい勢いで畳んで行きそうなのが気がかりです。そんなに生き急がなくっても…。
なるべく息の長いコンテンツとして楽しめることを祈るばかりです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。